一時代を築いたフィット

今や「フィット」という車種は、誰もが知っているような存在になり、一時代を築いたといって良いでしょう。
フィットは、ホンダが生産・販売している車で、今までのコンパクトカーのイメージを一新しました。
2001年6月に登場し、その機能性の高さや低燃費、ラゲッジスペースの広さがユーザーに衝撃を与えました。
それまでのコンパクトカーというと車内が狭いイメージが強かったですが、
フィットはコンパクトカーでありながら広々したラゲッジスペースを確保しています。
そのため、ゆったりと乗車することができますし、荷物をたくさん積むことができるのでアウトドアや旅行にも向いていて、
ファミリー層からも人気があります。
そして、デザイン性の良さやカラーバリエーションの多さも人気の秘密だといって良いでしょう。
スタイリッシュなデザインは男性からも女性からも高く評価されており、
選べるカラーが豊富なので個性的なカラーを好む人からも支持されています。
また、外見だけではなく内装にもこだわっていて、シンプルでありながらオシャレな雰囲気も兼ね備えた仕上がりになっています。
しかも、燃費が良いので維持費が安く経済的負担も少ないというメリットもあります。
現状でも十分満足いく車に仕上がっていますが、これからもますます進化する可能性があるので、
フィットから目を離すことができません。

 

 

フィットは海外でも大人気

現在、日本車が海外で人気だというのは、みなさんもご存知だと思いますが、
その中でもフィットはトップクラスの人気を誇っています。
その理由は私たちが感じていることと同じで、やはり燃費の良さやラゲッジスペースの広さが大きく関係しています。
今はエコの時代なのでどの国も環境に優しい低燃費を求めている人が多く、日本同様フィットを購入する人が多いです。
また、一昔前のコンパクトカーでも日本人であれば満足できたかもしれませんが、
体の大きな欧米人だと狭く感じることが多かったです。
しかし、フィットはラゲッジスペースが広いので欧米人でも乗りやすいと感じるようです。
これも海外でフィットが人気が理由の1つです。
ちなみにフィットは北米、南米、中国では日本同様フィット、ヨーロッパや東南アジア、
アフリカなどだと「ジャズ」という名称で親しまれています。
海外で大変人気がある車種なので、海外販売を行っている買取店に売却すると高値で売れる可能性が高いです。
そして、いくらフィットでも事故車や水没車は日本だと評価が非常に低いですが、海外だとそれほど評価が下がることがありません。
もともと日本以外の国は、それほど事故車や水没車に敏感ではないというのもありますし、
ホンダのフィットというブランド力の強さも関係しています。

 

 

フィットの買い方や売り方を知っておこう

これからフィットを購入したいと思っている人は、少しでも安く買いたいですよね?
また、これからフィットを売却しようと思っている人は、少しでも高く売りたいですよね?
どちらも何も考えずに買ったり、売ったりしてしまうと大損をすることがあるので気をつけてください。
フィットの新車購入費用は、グレードによって変わりますが、だいたい150万円前後だと思ってください。
そして、中古車で購入する場合は、65万円くらいが平均相場だと思って良いでしょう。
しかし、新車も中古車もやり方次第でこれよりも安く購入することができます。
新車であれば20万円や30万円安くすることができますし、中古車も頑張れば10万円や20万円程度安く買うことができます。
フィットの買取価格は、グレードや買取店によって大きく異なるため一概にいくらとはいえませんが、
状態が良ければ100万円以上で売れる場合があります。
ただ、いい加減に売ってしまうと相場よりも安く買取されてしまうケースが多いので気をつけてください。
逆に正しい方法で売ることができれば、基本的に人気がある車種なので相場よりも10万円や20万円高く売却することも可能です。
このサイトでは、車を高値で買取してもらう方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
フィットの買取価格、相場